MENU
 
 
アクセスはこちら

  • HOMEHOME
  • 大切にしていること

園名の由来「ここいろ」とは

子どもたち一人ひとりの「個々(ここ)」を受け止め、一人ひとりの心の「色(いろ)」を大切にしながら、子どもたちの成長を共に喜び、人とのつながりの中で心豊かに育ってほしいという願いを込めています。

ここいろとは

園のコンセプト

愛着関係

  • 保育園では、子どもの心が健やかに育つようにありのままを受け止め、子どもの心に寄り添い安心して毎日を過ごせることを大切にしています。

あそび中心の保育

  • 保育の中心はあそびです。
    あそびが保育の中心であり、より良いあそびが子どもの発達につながるため、子どもたちのあそびを見守り、理解し、充実させることを目指しています。
  • 子どもの「豊かな人格」を育てるために、子どものあそびを十分に保証し、あそびを通しての育ちを築いてゆけるような環境作りをしています。
  • あそびの中で「主体的」に感じ、考え、工夫しながら、あそび込める環境を大切に保育しています。

あそびを通しての育ち

  • 子どもの“自分でしたい”気持ちに寄り添いながら、生活の力につながるあそびを取り入れ、子どもたちが落ち着いてあそびを選び、あそび込める環境づくりをしています。
  • また、子どもたちが、室内でも十分に体を動かせるように粗大運動(全身を使って行う、大きく動く運動)を充実させ、バランス感覚を育み、歩行の安定を意識した遊びを取り入れています。

自然とのふれあい、季節感を大切に

  • 自然とのふれあいや、しっかり歩いて体力作りをし、交通ルールの理解、地域交流など、戸外での活動を充実させていきます。
  • 菜園活動では、野菜の育つ過程や実りを喜び、自分たちで作った野菜等のクッキング活動を通し、食に対する興味や関心をもち、楽しめるようにします。
  • 伝統的な季節の行事や、誕生日会、クリスマス会などのイベント、園外保育など、さまざまな体験を楽しめるようにします。
園での様子 園での様子 園での様子 園での様子 園での様子 園での様子 園での様子 園での様子 園での様子 園での様子 園での様子 園での様子